トイレ便器のつまりや水漏れ

トイレのつまりが原因で、住環境のトラブルが起こる可能性があります。放置すると便器や床だけでなく、家屋全体が水浸しになりかねません。ケースによっては、排水管 水漏れが起こっている場合もあるでしょう。あらゆる場面の原因と対策に関する知識を持つことで、いざという時に落ち着いて行動できます。

■便器と床の隙間で水漏れはなぜ起こるか

トイレで排水管 水漏れが発生すると慌ててしまうでしょう。便器と床の接続部分のトラブルなど原因はいくつかありますが、排水管の一部がひび割れを起こしている状態があります。隙間から水漏れが発生して、床に染み渡ってしまいます。修理は大がかりな作業となりますから、専門業者への依頼が必要です。
トイレの買い替えで機器の設置をする際、接続部分にずれが生じてつまりや水漏れなどのトラブルが起きることも考えられます。知らないまま使い続けると、被害が大きくなりかねません。
冬場の場合、地域によっては結露が発生します。便器の温度と室温が大きく異なることが原因です。室温が高くなれば改善されることもありますから、しばらく様子見をすると良いでしょう。

■部品の不具合も原因になる

トイレタンクの不具合で床に水漏れを起こすケースもあります。タンク内のオーバーフロー管やボールタップの部品が故障している場合、タンクの上から水が溢れることがあります。この場合は目視で確認できますので、自分でできるのであれば部品に問題がないかチェックします。放置すると水が溢れ続けますので、まずは止水栓を止めてから応急処置を行います。
また、タンクと便器の間にはパッキンが使用されています。パッキンはゴムが使用されていることが多く、経年劣化により不具合を起こしてしまいます。便器の水が少し黒ずんでいる場合は、パッキンの劣化が疑われます。タンクから流れてくる水がきちんと止まりませんので、水漏れが発生する可能性があります。
床が水浸しになるほどの水漏れは、専門業者に原因確認と修理をしてもらうと安心です。まずは電話で状況を説明し、業者が到着するまでの時間にできる応急処置の方法を聞いておくと被害を最小限に抑えることができます。

■まとめ
排水管 水漏れやつまりは、トイレの便器をはじめ機器の劣化や性能の低下が進んでいる可能性があります。専門業者に依頼をすると良いですが、修理費用や買い替えの際の本体費用は業者によって異なります。きちんと見積もりを取り、納得した上で依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ