トイレのタンクが原因でもつまりは起こる

トイレの詰まりは、異物や水圧以上のものを流すだけでなく、タンクが原因のケースもあります。
放置してしまえば、被害が大きくなり水漏れ 修理へと繋がりかねません。洋式トイレの構造を把握したうえで対策を立てましょう。

■洋式トイレの構造と使用上の注意点

洋式トイレはシンプルな構造となっていますが、衛生面や機能性が高いことが特徴です。普段使用しない場合でも、タンク内には水があります。流す際に洗浄ハンドルを回すことで、フロートゴム玉が上がって水が流れます。トイレと下水道は繋がっており、その構造によって用を足した際の臭いを防いでくれています。蛆虫や害虫の予防にもなり、衛生面でも大きな効果があります。
一方、タンク内の容量は限られています。必要以上のペーパーを流したり、時間を置かないでハンドルを回せば、つまりの原因となります。それが蓄積されると完全につまってしまい、水漏れ 修理が必要になります。誰かが使用した直後であれば、少し時間をおいてから流すように習慣づけると良いでしょう。
ボールタップも、タンクの給水を正常に保つためには欠かせない機能となっています。真ん中に浮いている球が正常に上下作動を行わなければ、給水されたり水が止まったりしません。指示棒は、浮き球を支え、給水管と通じている部品です。それぞれに不具合が生じた場合は、専門業者に依頼をしてください。

■タンクの手洗い管も水漏れなどの症状が出る

洋式トイレには手洗い管がありますが、少しでも水が出続けている場合は注意が必要です。手洗い管から水が出ているということは、タンクから便器へ水が流れていますので、水漏れを疑うことができます。
多少のつまりなら放置しておこうと思っていると、被害が拡大することもあります。適切な水量がトイレのタンクに保たれていないと、正常な流水ができません。また、タンクの不具合は自分で直そうとしても、間違った方法だと改善されません。専門業者に相談をしたうえで、機器交換を含めて適切な処置を受けましょう。依頼件数が多い所だと、相応に実績があると考えられるため安心して依頼できます。

■まとめ
洋式トイレのタンクは常に正常な水位が保たれていますので、流れ続ける場合はトラブルが起きていると判断できます。タンクの内部は細かな部品が使用されているため、信頼できる専門業者に、修理や機器交換を含めた相談をしましょう。中長期的に安心して使用できるように、適した方法を提案してもらえます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ