トイレのウォシュレットにおけるつまりと対策

ウォシュレットも快適にトイレを使用する上で、欠かせないアイテムの一つとなっています。しかし、使用を続けると汚れが蓄積されて、ノズルやシャワー部分につまりが生じるケースもあります。自分でメンテナンスをするのが難しい場合は、水道 評判の良い専門業者に相談すると良いでしょう。

■ウォシュレットのノズルの穴につまりがある場合のポイント

トラブルの一つとして、ウォシュレットのノズルの穴に、異物や汚れがつまってしまうことがあります。主な原因として考えられるのは、水道水のカルキが固まることで、穴を防いでしまうケースです。また、長い期間トイレを使用し続けていると、尿石やカビなどの汚れが蓄積されます。それらが固定化して穴を防いでしまい、衛生面でも悪い影響を与えます。
近年のウォシュレットでは、お手入れ機能がついている機種も存在します。ボタン一つで水洗いを自動で行い、清掃が完了します。自動機能がついていないものは、便器にシートを被せて水の飛び散りを防ぎ、ノズルを出してください。そのタイミングで電源を抜いて、歯ブラシなどで洗浄すると良いでしょう。作業が完了したら、電源を入れてください。なお、水道 評判の良い専門業者にメンテナンスや清掃を依頼することも、一つの方法です。

■ノズルが出ない場合について

ウォシュレットを清掃しようとしても、ノズルが出ない場合があります。出る部分にごみや汚れが蓄積されて、引っかかっている場合は、自力で引っ張り出して汚れを落としてください。また、引っ張る際に全部出してしまえば、水が噴射してしまいます。ある程度出したところで電源プラグを抜いて洗うと良いです。しばらく出し入れをして、スムーズに動けば問題ありません。作業の際は、手袋を装着してから行うと衛生面で安心です。
起動と停止を繰り返してもノズルが出ないことがあれば、ウォシュレット機器の故障の可能性があります。放置しても自然に改善することはありません。分解も必要になりますので、水道 評判の良い専門業者に修理や機器交換の相談をしてください。

■まとめ
ウォシュレットのノズルは、尿石などが蓄積されてつまりを引き起こす場合があります。自動で洗浄できるタイプもありますが、自分で清掃する方法もあります。定期的なケアを行うことで、快適にトイレの使用ができます。しかし、ノズルが出ないなど不具合があれば、専門業者に依頼することとなります。水道 評判の良い所を選ぶと、適切な処置を受けやすいです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ